前へ
次へ

池袋の不動産のレストボックス

漫画喫茶のような簡易宿泊施設のことをレストボックスと呼びます。
今の不景気な世の中においてその不景気を逆手にとって商売をしてるの、この池袋の不動産としても価値の高いレストボックスです。
若い世代でワーキングプアという働いても働いても貧困から逃れられない世代にとってレストボックスはなくてはならない存在となっています。
稼働率は平均で50%と言われていますが、この数値はホテルなどで考えると非常に低い数字ですが、レストボックスにおいては利益を十分に挙げられる範囲の稼働率だそうです。
池袋の不動産としても一般の住居と設備はかわりません。
シャワーやトイレはもとより共同の洗濯機や台所まで備わっています。
また、物件によってはリクライニングシートではなくベットで寝泊りが可能な施設も存在します。
体力回復の度合いはかなりちがってきます。

イギリスの池袋の不動産のアパートメント

イギリスの池袋の不動産のアパートメントについて言えば、イギリスも日本と同じ様に狭い国土でもあることから土地自体も高価なためアパートが普及しています。
そのため、都市部の多くの一般家庭でもアパートメントで暮らす人も見受けられ、その様相は日本とほぼ同じであると言えそうです。
もし仮にイギリスに留学するということを想定するとアパートで暮らすことが物価の高いロンドンで暮らすための秘訣となります。
イギリスでは、アパートメントの一室を借りて住むこととなりますが、フラットシェアといった名前で言われています。
つまり、トイレや風呂は共有で部屋の一室だけを借りるというのが相場でもあるそうです。
イギリスの都市部での池袋の不動産事情も日本の都市部とほぼ同じような状況です。

Page Top