前へ
次へ

日本の超高層マンション池袋の不動産の増加

日本の超高層マンション池袋の不動産の増加については、元々日本の風土は戸建ての住宅に対しての意識が強く、なかなか高層マンションが浸透しなかったと言われております。
しかも防災対策に難点があるといわれ、例えば火災が発生した場合には消防車が高すぎて消火活動が出来ないと認識されていました。
実際には、1974年として社宅のモデルケースとして、高層マンションを鹿島建設が建設したことから端を発し、高層マンションでも生活が出来ることが立証されました。
それ以降、都心の住宅事情が貧弱な点もあったこともあり、高層マンションの建設ラッシュが起きたことは周知の通りです。
このように都心部を中心に超高層マンション池袋の不動産が増加して、以後各地方都市でもそういったマンションが見られることが多くなりました。

池袋の不動産の超高層建築物

超高層建築物は、どのような目的で建てられているのでしょうか。
一般的には、比較的高い価格がついている土地に、ある人や業者が池袋の不動産投資しようとする場合に、その収益を手っ取り早く回収する方法として、このような超高層建築物が建てられることがあります。
そうすることで、池袋の不動産自体の価値がぐんと上がるからです。
また、比較的狭い土地に、たくさんの収容力や集客力がほしいと考えた場合、たくさんのフロアを設けることのできる超高層建築物を建てることがあります。
そのほかに考えられる例としては、その土地の観光スポットや有名スポットとして活用することを考える場合です。
いづれにしても、高い収益を目的とすることが共通して挙げられます。

Page Top